Clean bnbClean bnb

STAFF BLOGスタッフによる日常ブログ

CATEGORY

全てのブログを表示

ARCHIVE

ALL

2018年振り返り

営業担当風呂井です!

今年も残すところ1ヶ月ですね、、あっという間の1年間でした。

今年は民泊業界にとって激動の1年だったと思います。
住宅宿泊事業法の施行に始まり、エアビショック、台風21号の影響による関空の機能停止、連絡橋の損壊など
訪日外国人観光客数が一時的に前年比を下回る状況となりました。

一方で大阪の特区民泊は2,000室を超え、大手企業が1棟民泊を続々とオープンさせていることに加え
2025年の大阪万博誘致が決まり来年以降もインバウンド市場は拡大していくものと考えられます。

私たちも日々変化する市場に対し新たなサービスのご提供や既存サービスのブラッシュアップに努めています。
試験段階ではありますがお客様にご好評いただいたサービスもいくつかあり、
また時期を改めて公開させていただければと思います。

引き続きクリーンビーをよろしくお願いいたします!

リネン

こんにちは、クリーンビーの田村です。
民泊を始める際に困るところといえばリネンをどうするかだと思います。
リネンレンタルにするか、自分で用意するか。

寝具とタオル類は、体に直接触れるものですので、よりいっそうの清潔さが求められるところです。
今回はそれぞれの長所・短所をお伝えできればと思います。

■リネンレンタル
(長所)
・ホテルのような清潔感が保てる
・クリーニング業者が扱っているため汚れ、髪の毛クレームなどが発生しづらい
(短所)
・カラーバリエーションが少ない
・1室、2室となると受発注が難しい

■自分で用意
(長所)
・柄物のリネンなどは、インテリアの一部として扱うことができる。
・比較的入手が容易
(短所)
・汚れ、髪の毛、匂いのクレームを防ぐため、定期的に新調する必要がある。
・洗濯機に1回で入らない場合は清掃に時間がかかる。

それぞれ特徴はまだありますが、ピックアップするならこれらの項目かと思います。
両社ともに、管理面さえ強化すれば外注時に金額的な相違は少ない部分かと思います。
物件が少ないようであれば(管理が行き届く範囲)、自分でリネンを用意し、物件が多いようであればリネンをレンタルする方がいいと感じられます。

また更新します!

宿泊業界動向

https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2018/10/2018-1005-1209-14.html

営業担当風呂井です!

今回ご紹介するのは大阪のホテル建設ラッシュに関する記事です。
年々増える訪日外国人観光客に対し、以前から大阪は宿泊施設が足りないと言われ続けていました。

ある研究機関が発表した資料では建設ラッシュに伴い
大阪を除き全国の宿泊施設は今後増えゆく外国人観光客に対し充分な供給可能な宿泊施設数が見込めているとのこと。

島之内、西成などミナミ界隈ではホテルや簡易宿所の建設が続いており
これだけ建ててもまだ足りないのか、、といったところですが
それを上回る見込みの需要があるというのは改めてすごいですね。。。

伴って宿泊業界全体で深刻な人材不足になることが予測されます。
恐らく海外からの移住者やロボットによる自動化がこれから進んでいくのだと思いますが
中国のアリババでは早速今月からホテル向けサービスロボットの導入が始まっているようです。

先日個人的に家事代行を利用したのですが
その際に来られたスタッフの方はフィリピン人で清掃業に携わる自分が見てもすごい!と思うくらい
丁寧できめ細やかな清掃をされておりました。
今後私たちも国籍をまたいでこういった方と一緒に仕事をするのかなと考えると少しワクワクした、そんなお話です^^